ホーム > 「おもてなしの心」を反映した次世代タクシー JPN TAXI(ジャパンタクシー)を発売(長野トヨペット)

「おもてなしの心」を反映した次世代タクシー JPN TAXI(ジャパンタクシー)を発売(長野トヨペット)

2017年10月23日

<日本の「おもてなしの心」を反映した、様々な人に優しい次世代タクシーを発売>

 
Photo:JPN TAXI 匠。■写真は合成です。

新型車JPN TAXI(ジャパンタクシー)を、10月23日に発売しました。
JPN TAXIは、日本の“おもてなしの心”を反映し、お子様、高齢者、車いす使用者、外国からの観光客など、様々な人に優しく快適なタクシー専用車として開発しました。
JPN TAXIの普及により、日本の風景を変え、バリアフリーな街づくり、観光立国への貢献を目指します。

○様々な人に優しいユニバーサルデザイン(*1)
お客様が乗降しやすい低床フラットフロアや大開口のリヤ電動スライドドア(左側のみ)、車いす(*2)での乗車も可能な構造など、グリップから構造全体に至るまで工夫と改良を重ね、様々な人に優しいユニバーサルデザインとしました。

*1:ユニバーサルデザインは、高齢者や車いす使用者、妊娠中や子供連れの方など、誰もが利用しやすいデザイン。JPN TAXIは、国が認める標準仕様ユニバーサルデザインタクシーの認定要領(レベル1)に適合しています。
*2:車いすの形状、取り回し性(回転性能)によって乗車できない場合があります。また、道路交通法に従い安全を確保できない場合、安全な場所へご移動いただくことがあります。詳細はこちら http://toyota.jp/jpntaxi/

○一目でタクシーと認識でき、街に調和するデザインと「深藍(こいあい)」のボディカラー
ロングライフで流行に左右されないスタイリングや、古くより日本を象徴する色として愛用されてきた藍色「深藍」のボディカラーをはじめ、一目でタクシーと認識でき、かつ街並みを美しく統一することを目指しました。

○ドライバーの使い勝手にも配慮
ドライバーの観点では、ピラーの位置・形状の工夫やフェンダーミラー等により良好な視界を確保しました。
タクシー専用設計のこだわりとしては、ナビゲーション画面・料金メーターをお客様も見やすいセンター位置に設置できるようにするなど、機器類の配置を用途に合わせて見直し、機能性を向上しました。

○「Toyota Safety Sense C」、6つのSRSエアバッグ(*3)など安全装備を充実
車両性能については、新開発LPG(*4)ハイブリッドシステムを採用することで、19.4km/L(*5)の低燃費とCO2排出量の大幅な低減を達成し、環境性能と動力性能を高次元で両立させました。
そして、「Toyota Safety Sense C」や6つのSRSエアバッグの標準装備など、安全装備も充実させました。

*3:SRSエアバッグ(運転席・助手席)、SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)、SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)
*4:Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)
*5:JC08モード走行燃費。国土交通省審査値。燃料消費率は定められた環境試験条件での値です。お客様の使用環境(環境、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時など)に応じて燃料消費率は異なります。

~ 1936年のトヨダAA型から始まった、クルマづくりのあるべき姿を追求するクルマの原点ともいえるトヨタのタクシー ~

■JPN TAXI 特設サイトはこちら : 
 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/jpntaxi/

■詳細はこちら
 http://toyota.jp/jpntaxi/

■資料請求はこちら
 http://toyota-dealers.jp/14401/support/catalog__all.html